NEWS

E東北部

長距離バス比較

タイの長距離バスに乗ったことはありますか? 全国隅々まで走っており、とても発達した交通機関です。私もかなりの回数利用しています。タイの長距離バスの特徴として挙げられるのは、何と言っても「極寒!」ということ。普段履かない靴下も、この時ばかりは持参します。でも安心してください。毛布がありますから! 客室乗務員的役割の人も必ず乗っていて、水やお菓子を配ってくれるし、前方のテレビではバラエティ番組や映画を上映してくれるので、飛行機並みのサービスです(夜でも時にホラー映画!!)。途中で停車するターミナルでは、乗車券がクーポンとなり、無料で軽食を食べられます。夜行バスでも午前2時くらいに停まるターミナルでみんなクイッティアオとか食べています。

そして今回、日本滞在中に長距離バスに乗ってみました! 日本でも新宿に「バスタ」と呼ばれる長距離バスターミナルができて流行ってきたようですね。乗ったのは、1列ごとに独立している3列席のバス。しかもカーテン付き! 更に驚きだったのは、車内温度が「ちょうどいい」ということです。寒くもなく、暑くもない。あまり経験したことのない「バスでちょうどいい温度」ということに違和感を感じまくりでした…。ということで、イサーン便りですが、今回はタイ在住の日本の方にとっては珍しいと思われる日本の長距離バスの写真を載せてみました! 機会があったら乗ってみてください。

森本薫子
(ムクダハン県 カオデーン農園在住)

Home